2013/07 ~ 前月 ひと言(巻頭文)

掲載年月:2020/12

ひ と 言(会報巻頭文)

穏やかな人生を夢見て 

 奥野 勇(4地区)

英会話の先生と
英会話の先生と
 約20年前にNALCへ入会し、英会話クラブの立ち上げやひらかた市民活動支援センター開設初期の運営のお手伝いなどさせていただいたこともありましたが、校区福祉委員会で、子育てサロンや高齢者を招くサロンなどを始めたため、次第に忙しくなり、近年は英会話とオカリナの同好会活動だけになりました。
 平成29年から枚方市が日常生活支援総合事業を始められ、枚方市コミュニティー連絡協議会でも「元気づくり・地域づくりプロジェクト」を推進されたことから中宮校区でもそれに取り組みました。
 元気づくりの活動としては、ひらかた体操とグラウンドゴルフをほぼ毎月行ない、プレー後、ホールインワン賞(お菓子1個)の発表や歓談などで楽しんでもらっています。
 地域づくりについては、手を付けにくかったのですが、昨年香陽校区で地域の支え会う活動「おたすけメイト」を実施されていることを知り、それを手本として中宮でも出来ることをやろうと今年1月から準備を始めました。
 3月に各自治会を通じて全家庭にアンケートをお願いし、ちょっとした困りごとならお助けしますと名乗りを上げて下さった方々(30余名)の意見を聞き、さらに具体的な実施手順を検討しているところです。
 地域の支え会う活動を軌道に乗せることができれば、厚労省が推進する地域包括ケアシステムの構築も枚方で少しでも前に進むように、関係機関に働きかけて行きたいと思っています。そしていつの日か在宅医療や多職種連携によるケアのネットワークができ、その中で自宅で気ままに過ごし、穏やかに逝ければと夢見ています。

          

 « Back